北フランスのリールで7年間過ごした後、フランス人ダンナと姫の3人で2年日本に移住、現在は南西ボルドーで新しい生活を始めました。日々のヒトリ言を気ままに更新していきますので、これからもよろしくお願いします。
2006.09    2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25.09.2006
comment:0
trackback:0
只今、育児奮闘中。
私の母が昔言ってたなぁ~。

「あなたも母親になれば自分の(母)親のありがたみがわかる。」って。。。

そして、(一応)母親になった今日。
ありがたみというか、尊敬してます。

娘が生まれてから3週間と1日。

現在、生まれ育った日本ではなくてフランスという異国で子育てに奮闘している。
ただでさえ、初めての子育ての経験。戸惑うことも多い中、ダンナと2人で子育てしてます。

最近は彼女が泣いたら何を示しているのか少しずつわかるようになりました。
ただ、夜泣きがすごい!日中はぐーっすり眠っているのに(ベビーカーで騒音がある外に連れて行っても起きもしないのにぃ。)夜になるとココぞとばかりにウェ~ン!!と泣き出す。泣きだしたら、次はビィエ~ン!!!!と叫ぶ。
ピークは真夜中~夜明けが多いような気がします。

昨晩はほとんど30分おきに起きていたような・・・。

母乳は出産後数日間は出なくて、搾乳機を使ったらひどく硬くなって大変でしたが、自宅に戻ってきてからは娘が欲しがるときにしっかり出てます。
ただ1回にたくさん飲めない娘は一度やめて30分も経たないうちに泣いてせがむことも少なくありません。

でも母乳っていいですよね~。母親の特権というか。

あとオムツ替えが結構ハード。というのも、ウンチの回数がすごく多いんです。
替えた矢先から・・・なぁ~んてことが毎回のように繰り返されてます。
なので、布オムツというのも検討したのですが、今のところ紙おむつ使用してます。

ただダンナも育児にかなり協力的なので、その辺はとっても助かってます。

とりあえずは生後1ヶ月未満の赤ちゃん、寝るのと泣くのとおっぱい飲むのが仕事!

これから少しずつ娘と一緒に学んでいかないと。と思ったのでした。

スポンサーサイト
17.09.2006
comment:0
trackback:0
産院での食事
娘と私が退院してきてから早1週間が過ぎました。

2日前ほどに退院後初めて身長、体重測定と健診を兼ねてお医者さんに行ってきたところ、身長は出生時と比べて+3CM、体重は退院時と比べて+200gくらい。
少しずつではありますが、成長していることがわかり、ちょっと安心です。

ところで、私が産院に入院している間、結構大事だったのは食事。
病院食なんて全く当てにしてなかったのですが、これがなかなかおいしかった~!

朝は毎回、飲み物は何がいいですか~?って聞きに来てくれて
私は毎回カフェオレを頼んでました。
それにおそらく朝出来たばかりのやわらかいパン。
これにバターとジャム。

昼と夜はちゃんとした食事です。
写真のメインはトマトファルシにクスクス。
それにサラダとパンとカットされたチーズ。
デザートも毎回結構充実していて、果物がたっぷりだったり、写真のようにフロマージュブラン、プチスイス(いずれもチーズのデザート)だったり、時にはビスケットやワッフルのショコラがけだったりとバリエーションも豊富!

ということで、入院している間、ほとんど動いてなくてもお腹がすいていたので、満足できました!

もちろん病院によってさまざまだとは思いますが、日本はどうなのかなぁ。。。
産院での食事

10.09.2006
comment:2
trackback:0
人生最大の感動
実は予定日より3週間以上も早い9月3日に無事出産しました。

娘が産声を上げた瞬間、今までにこんなに感動したことはない。というくらい感動しました。

もちろん、この日の出産自体、予想もしていなかったので、破水をしたときはビックリしました。
しかも救急車で出産予定だった産院に運ばれ、そこから出産まで約丸一日がかり!
無痛分娩を経験して、最後のいきみ時には痛さを感じることはありませんでしたが、麻酔を打つまでの4時間くらいは陣痛の痛みをしっかり経験しました。
ま、つらかったとはいえ、元気に生まれてきてくれたので、本当によかったです。

いずれにしても、予定日が近づくにつれてフランスでの出産&初の出産に不安を抱えていました。が、逆に突然だったおかげで悩まずに済んでよかったのかもしれません。

それに何よりダンナがずーっとそばにいてくれたことで頑張れたのだと思います。

生まれてきた娘は2370g、46cmと小さめではありましたが、37週と2日と考えれば特に小さすぎというわけでもありません。

そして、予定通り5日間の入院生活を終えて、昨日から家族3人暮らしています。

これからいろんなことがあると思います。

でも、娘が加わったことによって、今まで以上に幸せになれると思います。

本当に私は幸せです・・・。
 
02.09.2006
comment:0
trackback:0
リールで一番大きなマルシェ
マルシェ

昨日、久しぶりにマルシェに出かけてきました。

リールの中心には小さなマルシェしかないのですが、最寄のメトロ駅の数駅先にリールで一番大きなマルシェがあります。
毎週火・木・日曜日で朝から14時まで開いています。

主に野菜、果物、花、雑貨など。。。

このあたりはアラブ人が多く住んでいることもあってか、テントを出しているのも80%以上がアラブ系の人だと思います。

今回マルシェで購入したのはネクタリン、桃、お菓子いろいろ、花束、Tシャツでした。

上の写真は野菜や果物のならんでいるテント。
下の写真は色々買ったお菓子の中で、日本の明治製菓の「プッカ」(スペイン産)。
早速、食べてみたところ味のほうは日本のものと同じような気がします。
子袋4袋X3で1ユーロでした!
また今度行ったら買おうと思ったのでした~。
プッカ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。